車 査定 10万キロ

10万キロを走った車の査定額が下がるというのは本当?

かつてまで自動車の査定においては走行距離が価値の一つの基準とされていました。
特に消費者の中では10万キロを超えると価値が大きく下がるというようなことがよく言われていたのですが、これは現在でも完全に間違いではありません。
1万キロしか走っていないものと10万キロを走ったものでは査定で付く価値が大きく異なりますから、この点で言えば決して間違いではないのです。
ただ、10万キロという数字が大きく価値を変える要因になるのかと言われるとそれも少し違うのです。
そもそもこうした走行距離が自動車の査定結果に影響を与えるのはどうしてかというと、これは長く走っているものほど故障する恐れが大きくなるからです。
車には様々な部品が取り付けられており、それぞれが互いに関係し合うことで初めて正常に走ります。
そして長く走っていればそれだけ部品は摩耗していきますから、走行距離が長いということは部品が摩耗しているということ、部品が摩耗しているということは壊れるリスクがあるということ、そして壊れるリスクがあるのであれば価値は安くなるというように扱われていたのです。
ですが現代で製造される自動車に関して言えば、10万キロを走ることができる部品は数多くあります。
部品に使用される素材が良いものになってきたことや部品製造技術が向上したことなど、その背景にあることはさまざまですが、かつてと比べて耐久性は格段に高くなっているのです。
そのため、かつてと比べると走行距離が査定結果に対して与える影響はやや小さくなってきたと言って良いでしょう。
ただ中古である以上は新品と同じ価格が付くということはありませんから、走行距離が長くなれば価値はそれだけ下がります。
加えてここでチェックしておきたいのが「10万キロ」という数字に対して持たれたイメージについてです。
先ほどこの走行距離を超えると価値が下がるとして思われていると言いましたが、これは世間一般でまだまだ根強く残っています。
もし同じ場所に9万キロ走行、8万キロ走行の中古車があったのであれば、多くの人がそちらの購入を検討することでしょう。
そうしたことを考えると、この走行距離になってしまった商品に対してつけられる査定額が下がるという可能性は否定できません。
どちらにせよ走行距離が短い方が高く買い取ってもらえるということは間違いありませんから、もし不要になったのであれば早い段階で売却を検討するようにした方が良いでしょう。